フィールド・エレメンツ・グローリー日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 100604生活ゲーム@3ヶ所同時攻防戦@前半

<<   作成日時 : 2010/06/04 19:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

芝村(14:27):おまたせー

芝村(14:28):まあ、あれから情勢だいぶ動いてる

是空(14:28):ですね。

芝村(14:28):2つまでは楽にクリアできるよ

是空(14:42):

はい。とりあえず現状確認と今日の日程決めたいです。
時間制限があると感じてますが。そのあたりとか。
●キノウツン本国および周辺国(フィーブル、akiharu)
●レンジャー周辺→EV162に任せるかも?
●紅葉国救出戦(敵が手を組んだのであれば、必然的に紅葉も危ない)
●誘拐事件
●羅幻周辺
●リワマヒ周辺(終了?)
●ゴロネコ周辺(終了?)
●FVB周辺(終了?)
●吏族、護民官周辺のフォロー
●ナイトメア戦
●越前周辺展開軍
●個人関係周辺
●ムラマサと連動した案件
いろいろありまして(笑)

芝村(14:43):まず、対応するものは

ナイトメア
次に紅葉国
次に、キノウツン

芝村(14:44):それ以外は実は自力回復とナンバリングでいけそう

是空(14:44):間に涼州さんとこの誘拐事件とかもはさめますか?
AI悪童さんと連携しないと後詰めがきつそうです。

芝村(14:44):そこは解決するよ。

是空(14:45):なるほど。いや、共和の問題で手薄にしてしまったので。申し訳ないと&悪童さんがそれを解決して手すきになってこっちを手伝ってもらうことを希望してるのが現状です。

是空(14:46):
大前提としまして。タイツマンだと正体ばれず、ダガーでばれるそうですが。
タイツマンってみなしに戦闘行為がないのですがw正拳とかって使えるんですか??
なければ結局はダガーになるかとw

芝村(14:47):別にばれてもいいだろ、敵には、どれだけでも
是空(14:47):うす
いや。味方にバレたくないので(笑)
芝村(14:47):そりゃ別に味方より先に動くか
芝村(14:48):あるいはあとで動くかじゃない?

是空(14:48):あー。ですね(笑) 簡単ですなw
是空(14:48):はい。では他の疑問はおいおいというか疑問点出ましたら質疑させてください。
芝村(14:48):OK
芝村(14:49):んで、どうするよ

是空(14:49):
はい。ではまずはナイトメアダガーマンコールから対応したいですが。
ええと、そうですね。
[No.9968]アイテム開示申請投稿者:那限・ソーマ=キユウ・逢真@FEG
http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=9968
L:妖精の剣(マジックアイテム)
この恩義にはむくいたいのですが、持ってけますか?

芝村(14:50):いいよ
是空(14:50):ありがとうございます。

芝村(14:50):では2分お待ちください。使うダガーマンの種類を選べ
是空(14:51):一回出撃で終わりですか? それとも連投可能ですか?>ダガーマン
芝村(14:51):同時展開なので
是空(14:51):現在の手駒が後期型2 大統領 PL ですね>ダガーマン あとはNPC
芝村(14:51):連投は無理だろう
是空(14:51):了解です。即時熟考します。
芝村(14:51):一番弱いのでええよ。

是空(14:52):
Q:ではPLですかね。
高位西国人+共和国大統領+ダガーマン+ワンダーダガー
あ。フェイントで鷹野徹もダガーが使えるらしいですが?

芝村(14:53):鷹野徹でもいいよ

/*/

芝村(14:54):黒埼は夢の中にいる。
意味不明だが、いわれたとおり、ダガーマンコールを使用とも考えた。
だが、どうやってr:なんて夢に見るんだろう。
黒埼は考える。黒崎は夢に見る。
芝村(14:55):
周囲は暗く、朝など未来永劫、来ないようだ。
プログラマである黒埼は黒いのを怖いと思う前に別のことを考えた。
芝村(14:56):
彼らだにだけにしかできない発想だった。
彼は思ったのだった。 これはコマンドスクリーンだと。

/*/

r:ダガーマン

/*/

鷹野徹(14:56):#鷹野徹でプレイします。
芝村(14:57):黒埼の背後でひどくやかましい音が聞こえる
それは夜明けが来たぞと告げる騒がしい足音だ。
黒埼が崩れ落ちるのが見える



鷹野徹(14:57):よっと。助けます。
「やぁ。お呼び出しありがとう」

芝村(14:58):黒い馬がたくさん走っているのが見える
黒埼は既に意識がない。

鷹野徹(14:58):
「もうすく夜があけますからね」
「夢の中でアレですけど。意識をしっかり」

芝村(14:58):だが死んではいないようだ。

鷹野徹(14:59):「君にもできることがある。しっかり目をあけてくださいね」

芝村(14:59):夜の闇のはるか向こう、小さな光が見える。

芝村(15:00):あれも馬だ。ただ、羽妖精が一匹、翼から光をあげている。
手に葉を持っている。あなたに向かっている

鷹野徹(15:00):うけとります

芝村(15:00):あれ、なんていうのか忘れた。なんとかの葉だ

鷹野徹(15:00):「妖精の剣」

Q:「Q,おつかいだよ。そう、これは妖精の剣」

鷹野徹(15:01):「やぁ。Qさん、こんにちわ。ソウマによろしくね」

芝村(15:01):Qはうなずいた。

芝村(15:01):
それはただのヒイラギの葉だ。
だがあなたの手の中でそれはくるくると回り始めたそれはまるで

鷹野徹(15:02):
「僕じゃちょっと不安だったけど」
「これなら大丈夫だね」
むかしからなじむかのように扱います。

芝村(15:02):笑って馬の背をたたくと、置いて消えた
馬とあなただけが、残されている。

鷹野徹(15:03):
Q:黒埼さんは寝かしておいて大丈夫そうですか?

芝村(15:03):
A:ええ

鷹野徹(15:03):はい>黒埼さん大丈夫

芝村(15:03):
世界中に黒い馬が走っている。圧倒的な数。
赤い目であなたを見ている。

鷹野徹(15:03):「あの黒い馬が悪夢かな?」Q:馬には長がいますか?

芝村(15:04):A:いいえ、いません
この黒い馬が、ようするにナイトメアらしい

鷹野徹(15:04):ふむ。ええと。

芝村(15:05):あなたのそばの馬が、ぶひひんと鳴いた。こいつだけが黒くはない。

鷹野徹(15:05):ではまず、その馬に……乗れます??みなし無いですけど。

芝村(15:06):ダガーを使え
ダガーなら使えるんだろう?

鷹野徹(15:06):では、馬の目の前に妖精の剣をくるくる回し、下方へ。
まずは乗せてほしいんだけど。と、意思表示をします。

芝村(15:07):馬は乗れよとばかりに背を低くした。

鷹野徹(15:07):乗りまして。腕をたてがみに巻き付けます。
「ごめんよ。僕は騎士じゃないのでちょっと乱暴になるけど……」

芝村(15:07):馬は走り出した。すごい勢いだ

鷹野徹(15:08):「うぁーおー」
芝村(15:08):
黒い馬が次々とついてくる
それは奔流だ

鷹野徹(15:08):ええと。

芝村(15:08):黒い馬は合体し、つながりながらついてきている。
芝村(15:08):あなたの馬と競争するように走っている。

鷹野徹(15:08):
この世界は暗闇だそうですが、夜明けが来るということにもなってます。
それは水色の種やらDVDやらお笑いやら牛乳やら各国の物語、個人の物語でなりたってるのだと思います。
それらの効果で夜明けが来る方向へと誘導したいです。

芝村(15:09):だがそんな方向など、わかりようもない。どこもかしこも、真っ黒だ 共和国のように

鷹野徹(15:09):「この馬はあれかな?」
「えるむ@満天星国さんの絵馬なのかもしれないね」
芝村(15:09):馬の手綱がうねうね動いているように見える

鷹野徹(15:10):では、うねりに任せます。

芝村(15:10):手綱にはびっしりと数学問題が描かれている

鷹野徹(15:10):む。確認します

芝村(15:10):妖精がそうであるように、どこにでも持っていけるものがある
それはダガーであり、それは数学でもある

鷹野徹(15:11):「やっぱりそうなんだね」
「数学の問題を描いた絵馬……」
これは数学を説けば方向がわかるとか? でしょうか?

芝村(15:11):数学は夢でも現実と同じように、たしかにあって答えを記述し続けていた
あなたには数学知識なんかないぞ

芝村(15:12):挑戦してもいいが。

鷹野徹(15:12):「答えを出してくれてる?」
ここは一発信頼した方が速そうですね

芝村(15:12):あなたは手綱を見続けている。

鷹野徹(15:12):「僕に知識はないけれど、君に知識を与えてくれる人たちが明るい世界で待ってるんだ」

芝村(15:12):いろいろな計算式がある
芝村(15:13):猫が出した計算式がある
宰相府の猫らしい

鷹野徹(15:13):「(笑) こんにちわ。緋璃ちゃんの妖精さん」

芝村(15:13):キノウツンの小宇宙が出した計算式もある

鷹野徹(15:13):「運命も導いてくれてるね」

芝村(15:14):ネーヴェ式と小宇宙式は同じ値を出しているね

鷹野徹(15:14):と、いうことで、これはもう思いの本流に身を任せるのが吉ですね。
「そもそも僕はきっかけでしかない。答えはすでに、皆が出してくれてるから」

芝村(15:15):問題は、数式からどう、現実の行動に変換するかだ

鷹野徹(15:15):数式は何を導いてますか? 手綱の角度? 方角?

芝村(15:15):それではどうする、ダガーマン

鷹野徹(15:15):(えー)ええと。

芝村(15:15):数式はひどく難しい。
あなたは考えたでも結局、今できることは、多くない

芝村(15:16):世界崩壊まで後1分

鷹野徹(15:16):
暗闇なのでブルーアイズ発動。瞳の輝きにて数式をテラしつつ。ダガーをかざして反射させてみましょう。
またはダガーで数式を照らす。
「思いで出来た数式なら……可能性くらいは?」

芝村(15:16):照らした。数字を転写した。妖精の剣が青く輝きだした

芝村(15:17):間違ってなかったようだ。

鷹野徹(15:17):「うん じゃあ、行こうか」馬を導きます

芝村(15:17):世界崩壊まで後30秒
15、

鷹野徹(15:17):「エースってのはね。速度なんだよ?」

芝村(15:17):馬は全力で走っている
馬のほうが勝っている、黒いのを引き離した

鷹野徹(15:18):「さぁ!」「夜明けに向かおう!!」
あまり引き離すとアレかしら??

芝村(15:18):速度がどんどん速くなる。 速く


鷹野徹(15:18):黒い馬を誘導が目的だと思うのですが

芝村(15:18):


鷹野徹(15:18):「大丈夫?」

芝村(15:18):


鷹野徹(15:18):「黒い馬をこちらに!」

芝村(15:18):馬はさらに速度をあげた




鷹野徹(15:18):たづなおさえめに

芝村(15:18):世界は崩壊を開始した

鷹野徹(15:19):ええと。これは黒い世界が崩壊。で、いいですか??

芝村(15:19):はるか後方、黒い馬が崩壊している

鷹野徹(15:19):それとも、世界の崩壊??
あ、よかった
#状況が見えずに慌ててすいません

芝村(15:19):#いや、そこは罠なので

芝村(15:19):馬と、あなたは、走りぬけた。

鷹野徹(15:19):「うーんと……黒埼さん平気かしら??」

芝村(15:20):すでに今は現実だ

鷹野徹(15:20):黒埼さんが居たので、それが気になって仕方無い

芝村(15:20):あなたは足元にからんと絵馬が落ちる音をきいた

鷹野徹(15:20):「おっと」

芝村(15:20):手にはしおしおの葉っぱが一枚、残っていた。

鷹野徹(15:20):「なんかわからないけど……これでいいのかな??」
「みんな、ありがとうねw」

/*/

■ナイトメア編終了

/*/

鷹野徹(15:21):#きつ! 一発目きつ!!!
芝村(15:21):第1ゲーム終了

鷹野徹(15:21):
#2つまでは楽にクリアできるよ#ウソだ!!

/*/

芝村(15:21):黒埼は夢の世界が壊れたので現実に帰った
いや、楽だよ。2つめまでは味方が無限に援護している

鷹野徹(15:21):よかった
鷹野徹(15:22):あ。そうですね。状況が確定してるので、きっかけをしっかりできれば
芝村(15:22):うん
あとは、腕の問題だ。パラメータ不足の問題ではない

鷹野徹(15:22):ほかにも、火澄の本とかミーアさんの読み聞かせとか。

芝村(15:23):そだね

鷹野徹(15:23):とりあえず一個闇が払えたのでよかったです。

芝村(15:23):それらが世界を壊していたから
鷹野徹(15:24):にしても……いきなり疲れましたよ(笑)

芝村(15:24):次のゲームは2分後だ。ゆっくりやすみたまえ
鷹野徹(15:24):#きびしい(笑)
芝村(15:25):1526だよ

/*/

鷹野徹(15:27):#リポDぐびぐび
芝村(15:27):ここは紅葉国だ。走るダガーマンを選びたまえ

鷹野徹(15:27):ええと。現在までの敵戦力は? 不明ですか?

芝村(15:28):紅葉国。水中都市、都市船では、爆弾がセットされている

大統領是空(15:29):では、隠蔽もある大統領で。
あーどうだろう??? 自信が無い。

芝村(15:31):いいですよ

大統領是空(15:31):うーん。大統領でいきます。

/*/

■紅葉国攻防戦

/*/

芝村(15:31):あなたは走っている
隣には少女が一人
マユミだ
汗をかいている
それはあなたもだが

大統領是空(15:31):「ども、マユミちゃん」

マユミ:「意外に、はしれるんですね。大統領」

大統領是空(15:32):
Q:現在まで多少なりダガーマン連携で爆弾を解除した。という質疑がありましたが現在も続行中という認識で良いですか?
「まぁね。筋トレしてるから」

芝村(15:32):
A:100以上爆弾がある

敵はいつでも爆発させられる。まあ、遊ばれてるんだな

大統領是空(15:33):
「最大の問題は自爆だ」「俺が狙われてる可能性もある」

マユミ:「そうですね」

大統領是空(15:33):「ほかのメンバーは?」

マユミ:「敵はさすがに、もう大統領がいるとは思ってないと思います」

マユミ:「いたら、すぐ爆破すると思います。大統領」

大統領是空(15:34):「隠蔽もっててラッキーだったな」
r:ハードボイルドの隠蔽を

マユミ:「ほかのメンバーは、知らないふりで日常生活を送っています」

大統領是空(15:36):「と……なると」
「自爆は連鎖と仮定すると、自己判断か誰かのスイッチか。で、状況が変わるが」

大統領是空(15:37):
Q:現在までの解除爆弾の機能はどのようなものですか?

芝村(15:37):
A:爆弾は時限式だな

大統領是空(15:37):#めんどうだなぁ

芝村(15:37):見つけては解除で一日がくれる

大統領是空(15:37):
Q:時間制限的には??

芝村(15:38):次は20分後

大統領是空(15:38):
1:ちまちま解除
2:手数を増やす
3:避難優先
うーん。それは走りますねぇ>20分後

大統領是空(15:39):
「お笑い祭にて人々を集めて都市船……よけ藩に一個余ってるので避難させるという手法もありそうだが」

大統領是空(15:40):「人が大移動したら爆破させるかしら?」

マユミ:「敵の狙いはそうですね、大統領です」
マユミ:「それができないなら、爆破すると思います」
マユミ:「大統領が来ないでも、爆破」
マユミ:「同じですね」

大統領是空(15:41):「でも来た瞬間に爆破するよね? この閉鎖空間じゃ」

芝村(15:41):マユミは少し笑った。
マユミ:「ええ、それで、どうにもならなくなりつつあります」

大統領是空(15:41):「俺が囮になって……ってのもきびしそうだな」
「情報戦で停止できるタイプの爆弾?」

マユミ:「情報戦は、ずっと封じてあったんです」

大統領是空(15:42):「敵は監視してるはず。俺が登場するのをまってるならば」
「うん、顔のない連中はカメラも壊すから、ニセの画像を流せれば……的発想」

芝村(15:42):#ナイトメアと、フィーブル戦で

大統領是空(15:43):「ナイトメアならさっき鷹野がなんとかしたぜ? ACEも起き始めるはず」

芝村(15:43):マユミは目を開いた
希望が見えたような顔をした。

大統領是空(15:43):「蒼龍からソットに繋げて情報行為をするか」
「とにかく、敵を騙さないといけない」

大統領是空(15:44):「紅葉国は大事だ、命をかける価値は十分ある」
と、いいつつr:爆弾解除に走り、頭を悩ませる。

芝村(15:44):それではどうする、ダガーマン

大統領是空(15:45):まず、この場は情報が少なすぎるので、マユミの希望の光を問うてみます。
「なにかあるかい?」

芝村(15:45):爆弾解除した。次は17分後
マユミ:「え、いや、だから」

大統領是空(15:45):「情報戦ACEが倒れていたってこと?」

マユミ:「情報戦ができるようになるなら」
マユミ:「ひょっとしたら、全爆弾停止とか、ハッキングとか」

大統領是空(15:46):「ああ。さっきの話っていけそう?」
「玄ノ丈が復活したので手伝ってもらうのかと思ったw」
「黒埼さん、戯言屋さんなどの力を借りればなんとかなるかな? オタポンとか」

マユミ:「連絡さえ、できれば」

大統領是空(15:47):「よし、ソットだ」

芝村(15:47):戯言は病院だな。帝國系なら動くだろう

大統領是空(15:47):「周辺にいるはず……」
ええと。竜太郎のノリでビビビ通信できませんかね?

大統領是空(15:48):「電波傍受されると思う? 単純に携帯使うって手法もあるけどw」

芝村(15:48):できそうな気もする

マユミ:「敵が情報戦につよければ」
芝村(15:50):
マユミ:「敵が情報戦に強ければ、傍受はできると思います」
大統領是空(15:50):
「情報戦弱そうなんだけど……念には念を入れるか」
「1:ビビビ通信 2:ワンダーダガーマジックのモールスで伝える 3:携帯電話でご連絡」
を、相談したいです。1〜3は傍受されにくい順番だと考えますが、傍受されにくいゆえに使いにくいとも認識してます。携帯が素子’sプレゼントなら、回線隠匿されてそうですけど(笑)

芝村(15:51):まあ、上から順にやれば?
通じなければ次のをやればいいだけで

大統領是空(15:52):では。

大統領是空(15:53):
r:ビビビ通信でソットに連絡。情報戦支援の意図を伝えて、了解できたら1旋回入れてもらって退避。それを合図。なお、非常時の際がありますので周辺海域の支援は続行してほしいです。あくまで、連絡が届いたかの確認をしたいです。(意図が通じてないと痛いので)

芝村(15:54):どんなぴぴぴ?
#具体的に

大統領是空(15:54):
モールスイメージで(プレイヤーは細かく知識ないですが)
ビー ビビ ビー ビー 的なモールスのトンツーをビーに変える

大統領是空(15:55):
具体的な情報内容は。r:っと、17分後の爆弾解除します。

芝村(15:56):爆弾解除した。

芝村(15:57):竜太郎はそのころ、のんびり空中を飛んでいる

大統領是空(15:57):
「ビビビ(聞こえますか? 支援をお願いしたいんだけど、聞こえてたら旋回して反応してくださいー)」
「ビビビ(ソットー、聞こえてたら一周してくれー。紅葉国の爆弾解除に情報戦を仕掛けたいので支援してくれー!)」
な、感じで。
#お前はレンジャーじゃないのかー!!(笑)

芝村(15:57):竜太郎はバカ顔している
旋回した
ソットからは反応がない

大統領是空(15:58):
「ビビビ(楽しそうね竜太郎。ぜくうおじさんだよ? いまの話を海中のお友だちのソット君に伝えてくれない?)」
「ビビ(これは内緒のお話だ。誰にもばれないようにしっかり助けてね)」

竜太郎:「うん」

大統領是空(15:58):#こ……こっちか(笑)

芝村(15:59):竜太郎はレンジャー参戦を禁止されてずっと旋回してたのいさ

大統領是空(15:59):
「ビビビ(竜太郎から、蒼龍への通信でもOK)」

芝村(15:59):
#ラーニング対策

大統領是空(15:59):
#天才!>対策

竜太郎:「つたえたんだぜ」

大統領是空(15:59):
「マユミ君。俺がバカ顔してるけど不信に思わず爆弾解除に専念ね」
「いま、支援連絡してるから」

大統領是空(16:00):
「油断して爆破の失態だけは避けたい……(熊本思い出しつつ)」

大統領是空(16:01):
Q:ソットたちの様子はいかがでしょうか?

芝村(16:01):マユミは祈るような顔だ
A:あなたにはわからないよ。

竜太郎:「OKて」

大統領是空(16:01):
「状況が好転した場合、次に敵は実力行使の爆破にでるかもしれない」
「時限ではなく、手動、またはスイッチ」
「これらの電波阻止が大事だ」

マユミ:「どうやって、みつけますか?」

大統領是空(16:02):
「爆破処理をしていれば時限装置が止るかどうかわかるはず、まずはそれを合図にする」

芝村(16:02):爆弾一斉停止。

大統領是空(16:03):「よし」

芝村(16:03):さらにオタポンが敵の位置特定
情報を送り出した

大統領是空(16:03):
「紅葉国のゲリラとかの力は借りれない?」
「お、ナイスオタポン!」

芝村(16:03):マーキングしてる

大統領是空(16:03):隠蔽したままレッツゴー

芝村(16:04):二人で下水道を走った

大統領是空(16:04):「敵の戦力は?」

芝村(16:04):なんとかついたよ、距離500.相手は、たぶん地上

大統領是空(16:05):「状況によっては俺が囮になる」
「マユミ君、いけるか?」
ちなみに初めて敵を補足できたので、多少なり慎重にいきます
「爆弾阻止できてれば囮の価値はあるが」

芝村(16:05):マユミが偵察している

大統領是空(16:05):「まぁそれで爆破されたら意味ないので慎重にいくか」

マユミ:「人にまぎれてわかりませんというか、え、え?」

芝村(16:06):マユミは混乱してる
敵はどんどん移動してる

大統領是空(16:06):人にまぎれて?

芝村(16:06):港に移動した
ええ、人にまぎれて移動している

大統領是空(16:06):
Q:
マユミ君が認識できずに、俺が認識できる顔はありますか?

大統領是空(16:07):オイラ、世界移動存在なので。

芝村(16:07):
A:あなたはよく覚えている

あなただけは、覚えている。

大統領是空(16:07):
「やろう……仇の男だな」

芝村(16:07):やつが、いる

大統領是空(16:08):
#いかん、素でブルーアイズできそう
港は周囲への被害影響は?

大統領是空(16:09):
#落ち着け。俺。今の俺は大統領……だかしかし……あー胃酸でてきた

大統領是空(16:10):周囲住民への被害があると手がだしにくいです。
大統領是空(16:11):芝村さん?>見えてます?
大統領是空(16:14):
マユミの偵察含め、周辺状況を確認してから動きたいのですが。
とりあえずやりたいことを貼ります。

1:オタポンのマーキング情報とソットの連動で、海へ逃げる道をふさぐ
2:世界移動されると意味がないので、速攻で行きます。
3:ブルーアイズで周辺住民の全員の動きとめて。ヘタに動かれて被害が拡大化することを防ぎます。
4:ダガーならば戦闘は、一番、回りの被害が少ないので。隠蔽からの奇襲を仕掛けます。

大統領是空(16:17):不安定ですか??
芝村(16:17):何度か回線切れました。
芝村(16:17):不安定 というより ましんとんだ
大統領是空(16:17):わーお(笑) その間怒りで胃酸でっぱなしです(笑)

芝村(16:17):まあ、いいさ

/*/

芝村(16:19):敵は動き出した。
たくさんの人の中
一緒に動いている
まゆみは混乱しているよ

大統領是空(16:19):「ごめん。混乱させて」
「君に見えない敵が俺には見える」

芝村(16:19):奇襲はできるが、どうするよ

大統領是空(16:19):「君の国民を盾にしてる」

マユミ:「え」

大統領是空(16:20):
「やるしかないか……勝てるか解らんが奇襲する」
「俺が失敗したら敵は爆破を開始するかもしれない」
「その際には避難誘導を頼めるかな?」

マユミ:「はい」
マユミ:「敵は爆弾を手動解除するんじゃ」

大統領是空(16:21):
「可能性論だけど、敵が瞬間移動できるとしよう(世界移動)」
「それならば、爆発1秒前セットで十分逃げれるからね」

マユミ:「空間固定装置があります」

大統領是空(16:21):「君が認識できないのは星見に任せるけど世界移動存在なんじゃないかなぁ???」

芝村(16:22):マユミは空間固定装置で敵が世界移動できないはずだといってるのさ

大統領是空(16:22):「空間固定があるのか、じゃあ普通に停止解除しにいくのかな??」

マユミ:「それなら、どこかで離れるはずです」

大統領是空(16:23):「その瞬間がチャンスか」
「再三言うけど、俺が失敗したら敵は爆破続行」
「その際には避難誘導を頼めるかな?」

芝村(16:23):敵は王宮へ向かってる 観光客に紛れ

大統領是空(16:23):で、はい。をもらってるので・

芝村(16:24):マユミはうなずいた。

大統領是空(16:24):「王宮に重要人物やアイテムや素材ある?」
「あるなら、その前にケリつけないとマズイ」

マユミ:特には、藩王くらいです
すでに王宮近くだぞ

大統領是空(16:25):「りょーかい」
「つーことは藩王殺して爆破だな」
「一個お願い。声援してw」
「国民たちの声援がないと俺の力が出ない(笑)」

芝村(16:25):マユミはかわいらしく微笑んだ

マユミ:「わかりました」

大統領是空(16:26):「藩王殺して都市船爆破されちゃ意味がない」
「じゃ、行ってくる」

マユミ:「ご武運を」
あなたは一人、歩きだした

大統領是空(16:26):現在の能力ですが。

芝村(16:27):王宮前広場はごったがえしている

大統領是空(16:27):
大統領是空とおる ダガー投擲ならば57……。
ごったがえしか……。うう。きびしいな(笑)

*ハードボイルドは隠蔽に必ず成功でき、隠蔽を破ろうとする場合の判定難易に評価+4を与える。
*ハードボイルドは追跡行為ができ、判定は評価+4される。

にて、近づくしかないですが、近づけなければ別手段します。

芝村(16:28):OK
移動した
敵は、もういない
逃げられた

大統領是空(16:28):「なろぉおおおおお!!!!!」

では、藩王確保
マユミさんには避難警告
安全優先。

芝村(16:28):あなたは陽気なお祭り集団の中でとりのこされた

芝村(16:29):爆弾は結局爆破されなかった

大統領是空(16:29):陽気ならOK。

/*/

■紅葉国攻防戦編終了

/*/

大統領是空(16:29):……くやしい。あのタイミングで芝村さんが落ちるのはズルいです!(笑)

芝村(16:29):まあ、とり逃したが、回復したね

大統領是空(16:30):ええと、逃げる。はこの際仕方無いとして。
どのように? なんでしょうか???

芝村(16:30):敵はあれだ、藩王のゲートを抜けてにげたな

大統領是空(16:30):おお
なるほどです
くそ。知らんかった。orz

芝村(16:31):あそこだけは移動能力つかえるんよ
ないとこまるので

大統領是空(16:31):都市船ですしね。
ゲートを自在につかえるのかな

大統領是空(16:32):とりあえず残務処理をルウシィやゲリラの皆さんにお願いして。危険を回避させねば。

芝村(16:32):まあ、情報戦が予想通り弱点だな

芝村(16:33):残務処理は大丈夫そうだが、次はどうする?

大統領是空(16:34):敵が使える以上、紅葉国ほか、ゲートの保安強化を宰相府始め、連絡させてください。

芝村(16:34):うん
次はキノウツン、藩王救出問題

大統領是空(16:34):ここは単純に相談なのですが。

大統領是空(16:35):キノウツン、藩王救出問題
と悪童さんの支援での合流(akiharu砂漠)のどちらが戦局に有利か悩んでます。

大統領是空(16:36):悪童さんの質疑にて。
★ベリサリウスは、敵の位置を把握した上で、敵は全滅する気だと見抜いている。
★自爆攻撃をするだろうとも。
もありますが。
[No.9952]データ入手r:実行の結果について投稿者:まき@鍋の国
>Q5.宰相府のことですので把握されていると思うのですが、どの時点で私がゴートの解析を行おうとしているという情報が漏れたのでしょうか?
>a)こちらから悪童さんに連絡した時点
まきさんの情報も欲しい所です。

大統領是空(16:37):
悪童さんたちをakharu砂漠に連れ出すことが罠かとも思ったのですが、そちらは大丈夫そうなのでしょうか??

芝村(16:38):砂漠ね
ゴートはおそらく、敵の偵察機だよ 使い捨ての

大統領是空(16:38):サーチトレース用ですかね?

芝村(16:39):いや、データとりだよ。お前とか、悪童の

大統領是空(16:40):
藩王、およびロイなどの救出の最解法は悪童さんの金属化だと思ってますが、どうでしょうか?

芝村(16:41):そだね
どうしてもそこはみせざるをえなくなる

大統領是空(16:41):そうですね。ただ、見せるタイミングと相手かと。

大統領是空(16:42):ツン藩王救出とEV162の相関性はどう考えればよいでしょうか?

芝村(16:43):最低でも藩王をたすけないと

芝村(16:43):イベント起こせなくなる

大統領是空(16:43):のわー

大統領是空(16:43):個人的プランは
悪童さんとこは是空が倒す。
合流してツン藩王のゴート金属化、同じく>Q2.
>黒の真珠のロジャーとロイ・ケイリンは同一存在だったはずです、もしゴートホーンにロイ・ケイリンが使われていた場合、黒の真珠のロジャーには黄金戦争などの関係上相手の存在を感じ取ることは出来るのでしょうか?

たぶん

これを使ってロイを認識して金属化できれば比較的戦況は楽になると踏んでるのですが。

芝村(16:44):うん
敵が対応策やりそうねえ

大統領是空(16:44):はい。対応策はかまわないのですが、使う場所間違えるとマズイと感じてます。

大統領是空(16:45):レンジャーに参戦しているACEは多いのですが。
問題はそれを使えないということでもあるので。

大統領是空(16:46):そもそもレンジャー戦に悪童さんの投下は無いかな。と、思ってますので>イベントですし

芝村(16:46):うん

大統領是空(16:46):子供とツン藩王救出が命題で、ロイをそこに含めれば及第点かと思ってます。

芝村(16:46):うん

芝村(16:47):そうね。どうするよ

大統領是空(16:48):
では、まずは悪童さんの敵を倒しましょう。
★ベリサリウスは、敵の位置を把握した上で、敵は全滅する気だと見抜いている。
★自爆攻撃をするだろうとも。
これがあるので速攻で。

芝村(16:48):OK

/*/

■涼州の藩王との会合

/*/

大統領是空(16:48):
>a:r1:運命計算を行い、ゴートホーンの自爆を防いで倒す方法を導き出す
★自爆を防ぐには、負けることだ。そこにチャンスがある。
これはツン国現地にて考えます。

芝村(16:48):ここは砂漠だ

芝村(16:49):悪童はベリサリウスの言葉を聴いてうなづいている
これから、突撃をするらしい。

是空(16:49):悪童さんと合流し、馬に乗せてもらってAR消費を軽減させたいですが。

芝村(16:49):絶技を使った

是空(16:49):「俺のARが速いので、まず俺が速攻で倒すのはどうか?」

芝村(16:49):金属の馬が現れた

是空(16:50):あ。そっちか。

芝村(16:50):悪童があなたの姿見てびっくりした

悪童:「あれ、ぜくうさんじゃないですか」

是空(16:50):「久しぶり? で、いいかな?」

悪童:「どうされました?」

芝村(16:51):悪童はちょうど救出作戦やると言った。

是空(16:51):「ゴートのラーニング回避をしたい。悪童さんの力は最強の盾なので。矛がまず突貫するよ」

悪童:「敵は、爆破するつもりなんです」

是空(16:51):「申し訳ないけれど、ツン国やロイの救出にその力をラーニングされてください」
と、めずらしく頭を下げます。
「なるほど」

是空(16:52):「と、なると。二択か」
「子供をとるか、ツン国をとるか……」

悪童:「ぜくうさんみたら、自爆ですね 自分の力がラーニングされるのはいいんですが」

是空(16:52):「じゃあ決まりだな」「ごめん。子供達の未来を優先してください」
「ツン国は俺がなんとかするわ」

悪童:「自分ならこっちはどうにかできます。馬で奇襲、子と自分を金属化します」

是空(16:53):「俺は今はタイツマンだぜ?」

芝村(16:53):悪童は笑った
緊張がとけたようだ

悪童:「ぜくうさんも、まけないでください」

是空(16:54):「ちなみに敵に自爆されると子供達も巻き込まれるよね?」
「もちろんw」>まけない

悪童:「ええ、それで絶技つかうんです 子供と自分が金属化して爆破をやりすごします」

是空(16:54):「ちょっと思いついたんだけど、俺が登場して敵自爆の瞬間に俺を金属化してくれれば敵は俺が死んだと思わないかな?」
「もちろん、子供達を抱えるゴートやツン国藩王収納ゴート相手じゃないけど」

是空(16:55):「あ、やっぱその手?(笑)」

悪童:「是空さん死んだふりなら、キノウツンがいいと思いますよ。あそこは藩王のあたまと、ご自身を」

是空(16:56):「死んだふりってもなぁ(笑)」
Q:
悪童さんたちの子供救出優先してもらった段階で共闘できないですよね?
是空(16:57):
「俺は悪童さんほど器用じゃないからなぁw」
Q:
悪童:「是空さん死んだふりなら、キノウツンがいいと思いますよ。あそこは藩王のあたまと、ご自身を」
ちなみに、ご自身とは?
あ。金属化するなら。ということかしら??

芝村(16:59):
A:ええ
A:あなたを金属化ね

是空(17:00):
「OK。こっちはこっちでなんとかしてみる」
(なんも思いつかないけど)
「顔見れてよかったよw」

芝村(17:01):悪童は笑って突撃していった

是空(17:01):「さて」

芝村(17:01):さて、どうする?

是空(17:01):キノウツンへ行きます。
「まぁ……しゃあないなw」

/*/

■涼州の藩王との会合編終了
■ゴートホーン(キノウツン藩国)

/*/

ここはキノウツンだ

是空(17:02):「素子、居る?」

芝村(17:02):悪童が来るのをまってもいいが、しかけ・・・。いた

芝村(17:03):見知らぬダガーウーマンがいる

是空(17:03):「やぁ」
素子:「新しい挨拶ね」
是空(17:04):「すまん」
「これから死んでくる」
「ただ、俺が死んだらFEGのみならず共和が滅びる」
「敵が俺を死んだと見なすのはそうとうねちっこくやりそうなんで」

「再生手術とかは可能?」

素子:「んで、その格好の説明からはいるわけね」

是空(17:04):「あ? 違った!」
「やぁ素子君、タイツマンだよ!」
#仮面、仮面

芝村(17:05):素子は笑顔だ。ぼこぼこにされた

是空(17:05):「いや、あのね。ここで死ぬのじゃないのれす」

芝村(17:05):10くらいトークンがのった

素子:「そういう細かいことは言わないの」>仮面

芝村(17:06):素子は昔と同じように微笑んだ。すこし、しわがあるけれど……。

素子:「何を仕掛ける気?」

素子:「この体は非常用だから追随性は悪いわよ」
#ストック切れらしい

是空(17:06):「あー。申し訳ない」(しわ……)
「単純に俺が仕掛ければ敵は自爆する」
「敵の目的は不明」「武装解除を狙いたい」

是空(17:07):
「あとは、君らで船橋たちと協力して、ツン国藩王を空くって欲しい」

素子:「そうね、問題は倒す敵が救う相手なのよ」

是空(17:08):
「理想論は敵の機体を素子の能力の整備系で乗っ取ってもらって捜査してもらい、操る敵所在を判明なんだけど」

素子:「難しい問題だわ」
素子:「まあそうね」

是空(17:08):
*整備の神様の修復能力 = 歩兵,任意発動,なし。破壊されたすべての乗り物を整備判定の成功で修復できる。通常の整備から難易評価+4すること。
この辺で。

素子:「壊したあとでならね」
素子:「ふむ」

是空(17:09):「小宇宙の運命計算を行い、ゴートホーンの自爆を防いで倒す方法を導き出すだと」
「自爆を防ぐには、負けることだ。そこにチャンスがある」
「なんよ」

芝村(17:09):素子は考えている

素子:「一騎打ちでまけたふりね」

是空(17:10):「ただ、敵が勝ったと思う瞬間って……誰か突貫しないといけないからね」
「そうね」

素子:「あなたが戦えばいいじゃない」

是空(17:10):
「俺には悪童さんみたいに金属化もできないし、敵がどうすれば勝ったと認識できるかもわからない」
「なので、死ぬしかねぇかな。と」

素子:「負けたふりの後、逆転するんでしょ?」
素子はあなたの頭をなでた

是空(17:11):「うまく負けれるかしら? いやいや、敵が自爆もあるだろ」

素子:「あなたができることは?」

是空(17:12):「走る、切る、護る」

素子:「器用だけど、不器用でしょ」
素子:「ダガーしか使えないくせに」

是空(17:12):「誰かその運命にしたとおもってんだよ(笑)」

芝村(17:12):素子は輝くように笑った

素子:「ダガーで死んだふりしなさい。以上」

是空(17:13):「わーったわーった……。突貫してきます!」

芝村(17:13):にっこり
素子はあなたに背を向けた
消えた

是空(17:13):
「どいつもこいつも厳しいなぁ……」

芝村(17:14):
#そうかい?

是空(17:14):
#やさしさは知ってます(笑)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
100604生活ゲーム@3ヶ所同時攻防戦@前半 フィールド・エレメンツ・グローリー日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる